それぞれの四季を身体に感じさせてくれる自然豊かなところに体験型農家民宿 『のうみん』はあります。 忙しい日々の生活の中では実感出来ない『ゆっくりと流れていく癒しの時間』を感じて下さい。


by nouminm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

GW用燻製 その壱’

燻製は下ごしらえが命です。
豆腐は重しを掛けて水分を抜き、卵は醤油ベースの液に漬け込みます。
c0183137_18305011.jpg


おォ~ 1丁豆腐が半丁くらいの厚みにペッシャンコになりました。 
・・・これくらいになれば良いのかなァ
c0183137_1833694.jpg


味噌にも漬けてみます。
c0183137_18333967.jpg


2丁の豆腐と鶏胸肉は醤油ベースの液にも漬けてみました。 ・・・実験みたいデスが。
c0183137_18352478.jpg


下ごしらえが燻製の善し悪しを決めると言っても過言ではありません。
味を馴染ませる為、そして乾燥させる為に又しても冷蔵庫でしばらく寝かせます。
c0183137_18382171.jpg


イザ 燻しにかかります。
c0183137_1839446.jpg


今回は炭にサクラの木片をかけて煙を出します。
c0183137_18404433.jpg


おォ~ ナンか良い感じで煙は出ている様に見えます。 が! ・・・?
c0183137_1842486.jpg


なぜか・・・ 色付きが悪い為1時間の予定を2時間に、当然熱源の炭は弱くなり途中で何回か継ぎ足す事となりました。 勿論火が点いた炭を入れましたが完全に燃えるまで中ですぼっていたのでしょうか?
・・・で! 出来上がったモノには表面には煤が付いている様にも見え、すぼり臭い燻製となってしまいました。
c0183137_18475978.jpg


イロイロと思案した結果卵は表面を拭き取り、豆腐は表面を削ぎ取り・・・
c0183137_18503261.jpg


その部分は桃と茶太郎のご馳走となり、 中身はとても美味しく ・・・イヤどうにか食べれる様になりました。
豆腐は味噌・醤油・塩味、3つの味を試したのですが残念な結果とまりました。 今回は・・・
c0183137_18542198.jpg


とにかく・・・ それぞれの食材がそれなりの味で保存される事となりました。
連休に来ていただくお客さんの体調だけが気ががりです。 
どうか体の丈夫な方が来ていただきます様に! んっ・・・?
c0183137_18572217.jpg

追伸 本日 お気に入りブログに 『ちょい古道具ライフ』 さんのブログをリンクさせていただきました。
アウトドア・日本の(世界のかなァ)古き良き物・スローライフ等々 興味のある方必見です。
[PR]
by nouminm | 2015-04-24 19:21 | ④火で遊ぶ(石窯・炭焼き)