それぞれの四季を身体に感じさせてくれる自然豊かなところに体験型農家民宿 『のうみん』はあります。 忙しい日々の生活の中では実感出来ない『ゆっくりと流れていく癒しの時間』を感じて下さい。


by nouminm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

法華津塩完成

先日完成したかの様に思われた 『法華津塩』 は先輩のご忠告によりフライパンで水分を飛ばす事になりまして・・・
にがりも100CC以上は取れたと思いますが、今日はまだまだ湿っているこの塩を炒ってみる事に。
c0183137_19265475.jpg


フライパンに移しどんな火加減かなァと思いながらIHの火力1~2で炒るもなかなか熱が伝わらず・・・
c0183137_1929960.jpg


そこで火力を3に上げて10分程度かき混ぜながら炒ります。 
パチパチという水分の飛ぶ音が少なくなったので・・・ まだ塩に湿り気は多少残るが火を止める。
c0183137_19322856.jpg


熱くなった塩を扇風機の風で少しかき混ぜながら冷まします。
その事によって塩の結晶が急激に冷やされ、ミネラル成分を閉じ込めたしっかりとした旨味のある塩が出来ます。 ・・・イヤ 出来らせんやろか?  出来そうな気が・・・ (まァ自信はありませんがチャレンジです!)
c0183137_2063529.jpg
 

さて・・・・ お盆一杯の今回20数時間の時間をかけて造った宇和海の 『法華津塩』 一体いくら出来たのでしょうか? 早速計量する事に。
c0183137_2093519.jpg


う~ン 天秤ばかりは釣り合っていますがこの目盛りはナニ? ・・・何匁やろかァ? こりゃわからんなァ
そこで 最新調理用計量秤(普通の秤デス)に乗せれば今回出来た塩は560gありました。
c0183137_20182525.jpg
 

出来上がった塩は大相撲の力士なら一つかみで投げてしまいそうな量ですが、これからの 『宇和海鮮魚』 を料理する為の大切な調味料です。
c0183137_2025511.jpg

[PR]
by nouminm | 2015-05-06 20:38 | ④火で遊ぶ(石窯・炭焼き)