それぞれの四季を身体に感じさせてくれる自然豊かなところに体験型農家民宿 『のうみん』はあります。 忙しい日々の生活の中では実感出来ない『ゆっくりと流れていく癒しの時間』を感じて下さい。


by nouminm
カレンダー

<   2016年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

森林浴の家

昨年の3月から改装工事を始めた『保田森林浴の家』が完成間近となりました。
工期は文化財補修並みの1年2カ月程掛かりましたが (・・・?)
それもいよいよ近日中に完成の予定(・・・ホンマかいな?) です。
c0183137_22101451.jpg


今までの玄関は正面からコンクリートの階段で上がっていましたが窮屈そうなので・・・
左側からはスロープ・右から階段・正面からは荷物の出し入れの為に開き戸となる様に木製の手摺等を取り付けます。
c0183137_22125830.jpg


車・バイク・自転車も置ける様にL型の吹き下げ屋根もこしらえて
c0183137_2214280.jpg


裏側(森林浴をする桧山方向)には2階建てのウッドデッキを新設。
c0183137_22153818.jpg


一方内部では玄関先にWCと脱衣場の入口があるので・・・  思案した結果!
c0183137_22163815.jpg


2枚の建具をあっちこっちに動かして・・・
c0183137_22171584.jpg


なお且つ 建具上部の格子部分はスライドし目隠しになる様に『可動壁』を新設します。
c0183137_2219892.jpg


又、2階のフリースペースには新たに窓を設置 光と風が階下の玄関へと届く様にと・・・
c0183137_2224032.jpg


スノコ状の床を組みます。
c0183137_2238981.jpg


10帖のDKには木の香漂う木製キッチンと作業台を設置。
c0183137_22262664.jpg


そのDKからは緑が広がるウッドデッキへとつながります。
そりゃ~ 『森林浴の家』ですから・・・ 周りの自然がこの建物の一部です。
c0183137_22294652.jpg

 
[PR]
by nouminm | 2016-04-30 22:32 | ⑧木の話(樹木・仕事・家具) | Comments(0)

上棟式

大安吉日の一昨日、柱を1本だけ建てておりましたが上天気の本日棟上げを行います。
雲一つない青空の元・・・
c0183137_19232261.jpg


13t吊りのラフタークレーンで作業を進めます。 
c0183137_19215245.jpg


桁(角材)を吊り込んでプラモデルの様に組み上げてゆきます。
おォ~ 上手い事合ったやん! (・・・当たり前かァ)
c0183137_1930231.jpg


1Fも・・・ 順調に
c0183137_1932660.jpg


そして2Fも
c0183137_1933288.jpg


夕方までには屋根下地も完成! 
お天気にも恵まれ本日の作業は随分とはかどりました。
何よりも問題・事故も無く作業を無事に進められた事が一番なのデス!
c0183137_19404973.jpg


いただいた御神酒とお供え物は我が家の神様へ献上し、工事の無事完成を祈念いたします。
神様が飲まれた後今晩はこの御下がりをいただく事となります。 
・・・又今宵も飲むつもりかァ?
c0183137_19441686.jpg

[PR]
by nouminm | 2016-04-29 20:05 | ⑧木の話(樹木・仕事・家具) | Comments(0)

明日天気にしておくれ!

そう! 今回は久しぶりに仕事をしました
じゃ~ 無くて 久しぶりの仕事ネタです。
今は家を建てる時に超音波で地盤の状態(耐力)を測ります。
c0183137_18161652.jpg


どんな地質・地層なのか? さらに建物の重量を支える耐力があるか? 
深さ毎に測定したデータが直ぐさまPCに表示されます。
おォ~ これなら地盤改良しなくても大丈夫でないかい・・・。
c0183137_1818292.jpg


翌日にはデータの集計結果が出まして・・・
地盤強度OK! が出たので早速基礎工事に入ります。
c0183137_18183919.jpg


型枠を立ててコンクリートを打ち込みます。
アッ! と言う間に基礎が出来上がり (ホントは何日も掛かっていますが・・・)
c0183137_18192030.jpg
c0183137_18192838.jpg


その上に土台を敷き、そして棟上げの資材を搬入したら
c0183137_18214448.jpg


作業の安全の為先行足場を組みます。 
c0183137_18225377.jpg


おォ~ これなら2階の上での作業も随分と恐怖心は無くなります。
・・・何はともあれ 『安全第一』 明日はお天気の心配はしなくて良さそうなので無事に棟が上がる様に! 今晩の酒は控えめに・・・
c0183137_18273143.jpg

[PR]
by nouminm | 2016-04-28 18:35 | ⑧木の話(樹木・仕事・家具) | Comments(0)

スリム計画その壱’

友人よりダイエットの挑戦状を突き付けられたからには・・・ 
まずは手始めに作業場ロフト階段のスリム化を図ります。 (・・・んッ?)
この場所に置いとくのが一番良いのですが、階段幅が560㍉有り少し重たいのが難点です。
これだけ出っ張るとやはりチョット邪魔になりますよねェ
c0183137_20351453.jpg


そこで!
思い切って幅を300㍉にカットして組み替える事にしました。 
これで随分とスリムになりましたねェ 軽いし・・・
c0183137_20375089.jpg


内寸法240㍉とかなり狭くなったので恐る恐る登ってみると
c0183137_20391540.jpg


おォ~ これは上等です。 
少々の荷物を持っても危なげなく上がり降り出来そうです。
何よりもコンパクトに、そして軽くなった事が一番のメリットです。
体も一緒かァ・・・ それならダイエットしてみるかァ (梯子と一緒?)
c0183137_2050337.jpg

  
[PR]
by nouminm | 2016-04-27 21:07 | ⑧木の話(樹木・仕事・家具) | Comments(6)

ジャンボ岩牡蠣

研究所の筏の上で海洋調査員Y氏が手塩に掛けて育てた『岩牡蠣』をひとついただきます。
c0183137_435427.jpg


自然に育ったいびつな殻を開けると大きな牡蠣の身がギッシリと詰まっています。
一口で入らないのでカットして食べると・・・ そりゃ~ 旨い筈よォ
c0183137_4402432.jpg


4~5年ものかァ? 大きいヤツは20㎝近くに成長した牡蠣を4枚貰って帰ります。
c0183137_4421342.jpg


そして 今晩!
『お父さん 牡蠣蒸すけん はよ帰ってきさいやァ~』との緊急連絡あり
おォ~ 良いねェ と家に帰ってみると一番大きなヤツを残してくれていました。
c0183137_4584785.jpg


そんな家族に感謝しながらふたを開けてみると・・・
c0183137_4473299.jpg

まァ そうやろねェ・・・ 5人家族で牡蠣は4個! ヨメと半分こデス。
蒸したのでチョット縮みましたが半分でも十分に食べごたえのある美味い岩牡蠣でした。
 
[PR]
by nouminm | 2016-04-27 05:01 | ⑲マリン遊び(船・釣り・磯) | Comments(0)

スライド式まな板

作業場事務所のシンクにちょっと手を加え、60㎝角の桧板を固定します。
使い道としては 洗った食器置き場・調理台として・ポット等調理器具を置いたり・・・
そして・・・ 何よりもまな板としても使用できます。 
その板を引っ張れば
c0183137_22314171.jpg


まァ~ 何と言う事でしょう・・・
桧板の下に隠れていた2層シンクが姿を現したではありませんかァ~ (・・・そんだけかァ?)
c0183137_2247522.jpg


このまな板にも乗りきらない大物が釣れた時の為に(・・・?) さらに60㎝幅の補助まな板も用意しておきます。
よっしゃ~ これで120㎝までの魚なら料理する事が出来ます。 ・・・んッ 何それ?
c0183137_2252620.jpg

[PR]
by nouminm | 2016-04-25 23:11 | ⑱その他 | Comments(2)

惣川土居家

昨夜民宿に泊っていただいたリピーターの若者3名を見送った後、松野町の現場を見て四国カルスト源氏ケ駄馬に向かいます。
c0183137_18184339.jpg


霧の合間を縫うように山頂へと向かいます。
桜の花びらもまだ残っています。 宇和島に比べれば1カ月遅れという事なのでしょうか・・・
c0183137_18205349.jpg


ガスで何も見えない源氏ケ駄馬を後にして向かった先は『惣川土居家』デス。
c0183137_18221561.jpg


1827年の建築 ・・・という事は築189年目となりますが、旬の時期に伐採した木材を十分に乾燥させて匠の技術で完成させた建物は寸分の狂いもなく堂々と現在に残っています。
c0183137_1829888.jpg

c0183137_182919100.jpg


おォ~ まさに素晴らしき日本建築ですねェ~ 
それらを後世に残す為にはためらう事無く1万円ぐらいの寄付はお安いモノで・・・ 
んッ! しまったァ シャッターを切るタイミングが少し遅かった様でした
c0183137_18283018.jpg


この門をくぐると明治の初めに建築された『離れ』が有ります。
c0183137_1830789.jpg


この風流な離れには宿泊する事も可能です。 
四季折々に変わりゆく庭を眺めながら・・・ 夕方チョット早めの晩酌・月明かりに照らされた庭を愛でながらチビチビと一杯(腹いっぱい?)・自然のリズムを感じながら早めの就寝寝酒で(^o^)ノ < おやすみ~  ・・・と! こりゃ~たまらんなァ 
ええなァ~ 今度家族連れで泊りに来なくては
c0183137_18313992.jpg

[PR]
by nouminm | 2016-04-24 18:44 | ⑪ドライブ情報 | Comments(2)

酔心で一杯!

そう あの酒仙 横山大観も日に二升三合、晩年でも一日一升は愛飲したという うま口の酒『酔心』。
その酒を引っ提げて常連さん広島釣り同行会の若者達の宿泊です。
c0183137_9453746.jpg


本日は屋外でのBBQを行います。 雨降っていますけど駐車場の屋根の下で・・・
c0183137_9474491.jpg


準備完了! 飲みながら 食べながら・・・
c0183137_9503839.jpg
 

いただいたのは限定品も含めて2本の酔心 
ん~ 一晩でよう飲み切るやろかァ (あのォ~ 無理しなくても・・・)
お返しにシカの足を1本焼きます。ビーフジャーキーみたいでこれがビールとよく合います。
c0183137_9541589.jpg


翌朝は何時もの様にご飯を炊いて
c0183137_100329.jpg


揃ったところで朝食を
c0183137_1002572.jpg


昨日の釣果に皆満足したのか・・・?
本日は宇和島観光をする予定だそうです。 
道中気を付けてェ そして又会う日まで ごきげんよう~
c0183137_1023919.jpg

[PR]
by nouminm | 2016-04-24 10:06 | ②宿泊所 | Comments(4)

愛南びやびやかつお

本日は友人一押しの『びやびやかつお』を食べに四国一のカツオ水揚げ量を誇る愛南町深浦港までドライブ。
c0183137_2212511.jpg

c0183137_22131591.jpg


『びやびやかつお』とは・・・
c0183137_22175631.jpg


平日の2時頃なので待つことなく1500円のかつお定食にありつけ
c0183137_22251474.jpg


3人がおなじモノを注文しました。
カツオに甘味があり新鮮で味が濃い様な・・・ とにかく美味い!
c0183137_22282338.jpg


今日はべた凪、穏やかでいい天気デス やっぱり海はホント気持ち良いなァ
c0183137_22315323.jpg


岸壁にはウニと大きな岩牡蠣もたくさん これも美味そうです・・・。
c0183137_2229565.jpg

[PR]
by nouminm | 2016-04-22 22:39 | ⑭粋な店舗紹介 | Comments(0)

愛犬の『桃』

父の名は神貴光号 そして母は桃駒女号・・・
この2匹の間に平成12年9月1日広見龍王荘にてこの世に生を受けた『桃福姫号』。
あと4カ月程で満16才となります.
c0183137_19441553.jpg


耳も遠くなり 歯もグラグラ 目もろくろく見えていない様です・・・
c0183137_19464953.jpg


おォ~い 桃よォ! 
声を掛けるとどうにか人の気配はわかる程度・・・
c0183137_19484436.jpg


階段の上から もう一匹の犬が ・・・じゃ無かった 飼い主の家族が呼んでいますがこの階段を上る事が出来ません。
c0183137_19523749.jpg


こりゃ~ 桃よォ 一匹で勝手にどこに行きよるんどォ~ 
c0183137_19551329.jpg


若い頃には綱が外れたら喜び勇んでお尻フリフリ! 
一目散に逃亡していた(10分後にはちゃんと帰って来ますが・・・) あのやんちゃな桃も
今ではトボトボと自分の小屋へと帰って行きます。
ぼけが入った様で しっかりしたところもあり一安心・・・ 
まァ もうちょっと長生きしいやァ
c0183137_205195.jpg

[PR]
by nouminm | 2016-04-21 20:19 | ⑫アニマル兄弟 | Comments(0)